ちびっこ嫁との性日記

身長145cmの小柄なちびっこ嫁との夜の生活をつづる。
ちびっこ嫁との性日記 TOP  >  2015年05月

スポンサーサイト

ちび嫁をイカせる方法>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちび嫁をイカせる方法>>
アダルトブログランキング>>
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ホテルの隣から声が聞こえて

ちび嫁をイカせる方法>>
名古屋に旅行して泊まったシティホテル。
ちび嫁はディナーのお酒で頬をほんのり赤らめていた。
テンションもやや高め。
部屋の窓からは名古屋の街が一望出来た。
お風呂を出て部屋を真っ暗にして窓際に立つ。
高層階なので周りに同じ高さの建物も無く、覗かれる心配も無い。
ちび嫁に後ろから近付きバスローブの紐を解く。
肩に手を掛けるだけでバスローブは床へと滑り落ちた。
ちび嫁は何も付けていなかった。
開放的な気分からちび嫁は羞じることも無く全開の窓辺に立っていた。
月の光で妖艶に青白く照らされたちび嫁の肌に私の興奮も高まる。
後ろから首筋にキスしながら丸く形の良い乳房に手を伸ばす。
先端は硬くなっていて、指先で触れるとちび嫁は小さな吐息を漏らした。
『。。。ぅあっ。。』
両手の指先を背中から脇腹、首筋に這わせる。
『。。んっ。。ぅっ。。』
立っていられず崩れそうになるちび嫁を片手で支えながら愛撫を続ける。
『もう、あかん。ベッド行こ。』
ちび嫁は私の手を引いてベッドへ向かい寝転んだ。
寝転んでも形の良い乳房を眺めながらゆっくりと近付く。
ちび嫁に覆い被さった時、壁の向こうからベッドのきしむ音が聞こえた。
ギシッ ギシッ ギシッ
ちび嫁と目を見合わせ動きを止める。
『。。ッアッア。。』
隣の部屋の営みが壁を越えて聞こえてきた。
もっと夫婦恋愛体験談を読む>>
夫婦恋愛 ブログランキングへ>>
スポンサーサイト

ちび嫁をイカせる方法>>
アダルトブログランキング>>
[ 2015/05/24 12:18 ] ちびっこ嫁との性日記 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

パパ

Author:パパ
ようこそ、パパ(身長175cm・S)です。
身長145cmの小柄ちび嫁(M)を相手に、あの手この手を使い夜の生活を楽しんでいます。
ちび嫁は結婚後、私との体験を重ねるごとにどんどんいやらしくなっていきます。
両手を伸ばせば頭から足まで届くサイズ。
すべてがスモールサイズのちび嫁をイカせまくります。

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。