ちびっこ嫁との性日記

身長145cmの小柄なちびっこ嫁との夜の生活をつづる。
ちびっこ嫁との性日記 TOP  >  2015年10月
月別アーカイブ  [ 2015年10月 ] 

隣の部屋に聞こえないように声を押し殺して

ちび嫁をイカせる方法>>
私はちび嫁に近付き肌に触れた。肌は興奮し少し熱を帯びていた。
軽く爪を立てながら指を全身に這わせる。壁にもたれたまま悶えるちび嫁。
ベッドには暗闇でも色の違いが分かるほどシーツが濡れていた。
我慢できず強引にちび嫁を寝かせ尻を浮かせた。両手は壁に付き、尻を突き出させた。
『。。。ぅあぁぁぁぁっっっ!!!!』
後ろからちび嫁のナカに入る。一気に根元まで。
入口が狭く巾着やタコツボと形容されるちび嫁の圧力が私自身を締め上げる。
適度な圧力を感じながらゆっくりと腰を引き、完全に抜いて再度挿入する。
完全に濡れた入口は手をあてがうことなく私自身を受け入れてくれる。
動きの度にナカから溢れた液体はちび嫁の、そして私の大腿を伝い互いが密着するごとに部屋にいやらしい音を響かせていた。
『。。。ん。。。んんっ。。。ぅんっ。。』
隣に聞こえることを恥じらい、ちび嫁は口をつぐみ腕に当て声を押し殺していた。
小さな喘ぎ声に反比例するように愛液はさらに溢れ、グチャグチャと肉と粘液が擦れる音は増大した。
私は動きを速めた。
『。。。んっっっ!!うぁっっ!!ぁ、、、ダメ。。。』
小さく抑えていた喘ぎ声が徐々に大きくなる。腕を噛み必死に声を堪えるちび嫁。
絶頂が近付きつつあるちび嫁の姿にイタズラ心を覚えた私は、激しく前後する腰の動きを止めた。
もっと夫婦恋愛体験談を読む>>
夫婦恋愛 ブログランキングへ>>
スポンサーサイト

ちび嫁をイカせる方法>>
アダルトブログランキング>>
[ 2015/10/18 04:16 ] ちびっこ嫁との性日記 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

パパ

Author:パパ
ようこそ、パパ(身長175cm・S)です。
身長145cmの小柄ちび嫁(M)を相手に、あの手この手を使い夜の生活を楽しんでいます。
ちび嫁は結婚後、私との体験を重ねるごとにどんどんいやらしくなっていきます。
両手を伸ばせば頭から足まで届くサイズ。
すべてがスモールサイズのちび嫁をイカせまくります。

検索フォーム