ちびっこ嫁との性日記

身長145cmの小柄なちびっこ嫁との夜の生活をつづる。
ちびっこ嫁との性日記 TOP  >  スポンサー広告 >  ちびっこ嫁との性日記 >  立ちバックでは崩れ落ちないように支えながら刺激すると

スポンサーサイト

ちび嫁をイカせる方法>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちび嫁をイカせる方法>>
アダルトブログランキング>>
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

立ちバックでは崩れ落ちないように支えながら刺激すると

ちび嫁をイカせる方法>>
立ちバックの体位からでも、少し腕を伸ばすだけで彼女の股間に手が届く。
陰毛の茂みをかき分け、入口に到達する。
人差し指と薬指で入口の皮を揉みしだき、腹側へ吊り上げる。
包皮に覆われていたクリトリスが顔を出す。
愛液で潤った中指でクリトリスをつついてみる。
『。。ぅあっっっ。。。』
感度は今日も良好だ。
円を描くように中指を起用に動かす。
周りを刺激してからクリを刺激を繰り返す。
リズムに合わせて、腰がビクッビクッと震える。
クリトリスに中指の腹を軽く当てて肘から先を震わせる。
小刻みな刺激をクリトリスに与えながら、ムスコをゆっくり引き出し、ゆっくり挿入する。
ピストンはゆっくり、指は小刻みに。
二重の刺激がちび嫁の理性を溶かしていく。
『。。もっと。。もっとして。。激しく。。もっと奥。。』
クリを刺激していた手を放し、両手でしっかりを腰を掴む。
私の反りチンの角度に合わせて頭を低く、腰を高めにやや後ろに突き出した姿勢を取らせる。
入口ギリギリまで抜いて、ゆっくり深々と奥まで押し込む。
奥に到達した状態で円を描くように腰を動かす。
恥骨をお尻に押し付けたまま、骨盤の角度だけを前後に振りながら小刻みに激しく突く。
奥に伝わる細かい刺激の波にちび嫁のクライマックスが近付いていた。
もっと夫婦恋愛体験談を読む>>
夫婦恋愛 ブログランキングへ>>
スポンサーサイト

ちび嫁をイカせる方法>>
アダルトブログランキング>>
[ 2015/03/28 07:39 ] ちびっこ嫁との性日記 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

パパ

Author:パパ
ようこそ、パパ(身長175cm・S)です。
身長145cmの小柄ちび嫁(M)を相手に、あの手この手を使い夜の生活を楽しんでいます。
ちび嫁は結婚後、私との体験を重ねるごとにどんどんいやらしくなっていきます。
両手を伸ばせば頭から足まで届くサイズ。
すべてがスモールサイズのちび嫁をイカせまくります。

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。